日本での不妊症の原因は性病による卵巣感染も多い

性病というのは、性交渉をする人、誰もが感染する可能性のある病気です。性病には、クラミジア感染症、淋病、梅毒、カンジダなど一般的によく知られた物から、HIVやHBVなど感染すると治療が難しいものまであります。そのために感染を予防するために対策が一番重要なのです。性病には、各国で感染率が高いものや差があるのですが日本における性病の感染率が高いものとしてクラミジア、淋病などがあります。これらの性病はよく見られると言われながらも非常に注意が必要なものです。何故感染率が高いのかということを考えてみるとそれが分かるでしょう。性病には、すぐに症状が出て感染したことが分かるものと、症状が分かりづらく、感染したことに気が付かないということもあります。感染に気が付かない場合には、特に治療をすることもなく、知らない間にパートナーに感染をさせてしまう。そしてどんどん自分と性交渉をした人に感染をさせてしまうという恐れがあるのです。なにも知らないって怖いですね。知らなければ、気を付けることも予防することもできませんから。そして性病のこわいところはこれだけではありません。最近、日本では不妊治療をしている人が増加傾向です。その原因は性病になることによって、その感染に気が付かず、結局子宮や卵巣にまで逆行感染し、卵巣の癒着や卵管の閉塞を招くということがあるのです。日本ではそのために不妊症になっていたら、すぐに過去の病歴などを問診で聞かれることが多いです。初期の段階で治療をしていたら、卵巣などまで影響はなかったかもしれませんが、放置することにより影響が出てしまう。そして治療をしなくてはいけなくなります。そのために予防が一番大切なのですね。