避妊具なしの性体験とその結果と性病

性交渉は人間であれば誰もが求める行為であり、人社会を継続させるためにはなくてはならないものです。近年の日本では、少子高齢化が深刻な問題になり、多くの子どもを求めていますが、それと同時に先進国では唯一HIVの感染者数が増加しています。
性交渉の本来の役割は生命を生み出すことです。しかし、ほとんどの場合、その役割よりも性欲を満たすことを目的としています。もちろんこれは悪いことではなく、むしろ当たり前のことだと言えます。しかし、その結果、避妊具をつけない無防備なセックスをし、性病のリスクを高めてしまっています。特に、男性同士のセックスの場合、出血することが多く、性病の感染リスクが高くなり、避妊具は必須と言えます。それにも関わらず、性病に関してどこか無関心な人が多く、自分は大丈夫という根拠のない自信があり、その自信の結果、性病を招きます。そして、性感染症に感染した人が多くの人と関係を持つことで、性病は拡大してしまいます。同性愛に対する理解が拡大しているにも関わらず、性病の患者数が増加しているのはこうした無防備なセックスをする人が多いということが言えます。そこで、まず認識しなければならないのが、性病は誰でもなり得るもので、避妊具なしの性体験を頻繁にしている場合は特にその可能性があるということです。また、行政や病院で検査を行っているので、無防備な性体験をしたことがある人は1度行ってみることです。行政の場合は、匿名かつ無料で検査することができるので、積極的に利用するべきです。
このように、男女問わず、避妊具なしの無防備なセックスの体験は性病という結果を招くことがあるので、なるべくこうしたことはしないようにし、心当たりがある場合は速やかに検査に行くべきです。